スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも-仙谷戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は28日、NHK番組に出演し、2011年度からの子ども手当の満額(1人当たり月額2万6000円)支給に関連し、財源が確保できた場合でも一部は学校給食費や保育所整備などに充当する考えを表明した。
 仙谷氏は「市町村からは学校費、給食費、保育産業を伸ばすために使うべきだとの議論もあり、満額になるときに考えた方がいい」と述べ、全額を現金給付することには否定的な考えを示した。 

【関連ニュース】
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑
市立小給食から縫い針=京都・城陽
避難住民「すごく怖い」=50年前思い出す

地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈(医療介護CBニュース)
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察-新潟(時事通信)
<松野明美さん>熊本の市議増員選に出馬へ(毎日新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
骨格発表、首相は了解済み=亀井氏、閣内の批判に反論-郵政改革(時事通信)

居酒屋で皿洗いバイト、海自3曹を停職(読売新聞)

 海上自衛隊岩国航空基地(山口県岩国市)は29日、兼業を禁じた自衛隊法に違反し、アルバイトをしたとして、同基地所属の男性3曹(32)を停職2日の懲戒処分にした、と発表した。

 発表によると、3曹は2008年4月~09年6月の計235日間にわたり、勤務時間後や休日に、岩国市と隣接する同県柳井市の居酒屋計3店で皿洗いのアルバイトをし、約110万円の収入を得た。

 同基地の隊員が09年6月、岩国市内の居酒屋を訪れた際、3曹が厨房(ちゅうぼう)にいるのを見つけ、発覚した。「遊興費などでできた借金を返すためだった」と話しているという。

福知山線「賠償交渉の会」遺族、安全研究施設の設置要望(産経新聞)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人-さいたま地裁(時事通信)
<シー・シェパード>監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)

「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)

 「ヤミ専従が広がり、根深い実態があった」――。

 国土交通省・北海道開発局で23日、4000人以上の職員が「ヤミ専従」など勤務時間中の組合活動をしていたことが明らかになった。違反の実態を指摘した第三者委員会の報告書は、昨年8月の衆院選前、「全北海道開発局労働組合」(全開発)が組合員に、知り合いの名前などをカードに書かせるなど政治色の強い活動をしていたことも指摘し、問題の深刻さを浮き彫りにした。

 この日、国交省が公表した第三者委員会の報告書などによると、全開発は昨年7月頃、連合の要請を受けて一部の組合員にカードを配布、勤務時間中に知人の住所や名前を記入させていたが、この直後、同開発局のヤミ専従の問題が表面化したことなどから、カードは連合に提出されなかった。

進退協議「申し上げることない」小林千議員(読売新聞)
水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)
3連休初日、中国道や名神で39キロ渋滞 追突事故も影響(産経新聞)
三重のビジネスホテルに強盗、100万円奪う(読売新聞)
中井氏の「女性問題報道」 賛否含め侃々諤々の中身(J-CASTニュース)

「JAYWALK」中村容疑者を使用容疑で追送検(産経新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一容疑者(59)=東京都練馬区=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、警視庁麻布署は23日午前、中村容疑者を同法違反(使用)容疑で追送検した。

 送検容疑は、今月8日夜、港区内の路上に止めた乗用車内で覚醒(かくせい)剤を使用したとしている。

 同署によると、中村容疑者は「覚醒剤の粉末を口に入れて使った。覚醒剤は以前に、都内の路上で外国人から買ったものだ」と容疑を認めている。

 中村容疑者はこの数時間後の9日未明に、同区西麻布の路上に止めた乗用車内にいるところをパトロール中の警察官に職務質問され、同法違反(所持)の現行犯で逮捕されていた。

【関連記事】
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩
中村“妻”涙の激白「最後まで支える」
「JAYWALK」ボーカルと“交際”女性タレント、薬物疑惑を否定
中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ
JAYWALK中村“内縁”妻はタレント…衝撃の素顔

空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル-高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
<旭山動物園>名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)
敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)

霊能力者と信者を殺人と放火などで起訴、大阪地検(産経新聞)

 訪問介護を受けていた女性=当時(92)=が薬物を投与され殺害された事件で、大阪地検は17日、殺人と現住建造物等放火などの罪で、自称霊能力者で指示役の寺谷均美(53)と元介護士で実行役の田向啓子(53)の両容疑者を起訴した。

 起訴状によると、田向被告は寺谷被告の指示を受け、平成19年4月3日夜、大阪市西成区の女性宅で、女性に多量の精神安定剤を投与し衰弱させ、5月2~18日に睡眠導入剤を投与したり、インスリンを注射したりして、27日に肺炎で死亡させた。

 また、20年5月25日には同住宅に侵入し、現金4万2千円のほか、記念メダルなど約45点を盗んだ上、布団にライターで放火し、半焼させたとしている。

【関連記事】
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
有名「霊能力者」らを提訴 「悪質な霊感商法」と原告
「教祖」の女、信者に窃盗させ再逮捕
【衝撃事件の核心】放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者

「エネファーム」家庭で夢の発電 エコ+高い熱効率…低価格化に課題(産経新聞)
原口総務相、また遅刻 参院総務委員会が流会に(産経新聞)
古本転売で稼ぐ「せどらー」ネットで素人参入(読売新聞)
米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。