スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居酒屋で皿洗いバイト、海自3曹を停職(読売新聞)

 海上自衛隊岩国航空基地(山口県岩国市)は29日、兼業を禁じた自衛隊法に違反し、アルバイトをしたとして、同基地所属の男性3曹(32)を停職2日の懲戒処分にした、と発表した。

 発表によると、3曹は2008年4月~09年6月の計235日間にわたり、勤務時間後や休日に、岩国市と隣接する同県柳井市の居酒屋計3店で皿洗いのアルバイトをし、約110万円の収入を得た。

 同基地の隊員が09年6月、岩国市内の居酒屋を訪れた際、3曹が厨房(ちゅうぼう)にいるのを見つけ、発覚した。「遊興費などでできた借金を返すためだった」と話しているという。

福知山線「賠償交渉の会」遺族、安全研究施設の設置要望(産経新聞)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人-さいたま地裁(時事通信)
<シー・シェパード>監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
スポンサーサイト

「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)

 「ヤミ専従が広がり、根深い実態があった」――。

 国土交通省・北海道開発局で23日、4000人以上の職員が「ヤミ専従」など勤務時間中の組合活動をしていたことが明らかになった。違反の実態を指摘した第三者委員会の報告書は、昨年8月の衆院選前、「全北海道開発局労働組合」(全開発)が組合員に、知り合いの名前などをカードに書かせるなど政治色の強い活動をしていたことも指摘し、問題の深刻さを浮き彫りにした。

 この日、国交省が公表した第三者委員会の報告書などによると、全開発は昨年7月頃、連合の要請を受けて一部の組合員にカードを配布、勤務時間中に知人の住所や名前を記入させていたが、この直後、同開発局のヤミ専従の問題が表面化したことなどから、カードは連合に提出されなかった。

進退協議「申し上げることない」小林千議員(読売新聞)
水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)
3連休初日、中国道や名神で39キロ渋滞 追突事故も影響(産経新聞)
三重のビジネスホテルに強盗、100万円奪う(読売新聞)
中井氏の「女性問題報道」 賛否含め侃々諤々の中身(J-CASTニュース)

「JAYWALK」中村容疑者を使用容疑で追送検(産経新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一容疑者(59)=東京都練馬区=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、警視庁麻布署は23日午前、中村容疑者を同法違反(使用)容疑で追送検した。

 送検容疑は、今月8日夜、港区内の路上に止めた乗用車内で覚醒(かくせい)剤を使用したとしている。

 同署によると、中村容疑者は「覚醒剤の粉末を口に入れて使った。覚醒剤は以前に、都内の路上で外国人から買ったものだ」と容疑を認めている。

 中村容疑者はこの数時間後の9日未明に、同区西麻布の路上に止めた乗用車内にいるところをパトロール中の警察官に職務質問され、同法違反(所持)の現行犯で逮捕されていた。

【関連記事】
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩
中村“妻”涙の激白「最後まで支える」
「JAYWALK」ボーカルと“交際”女性タレント、薬物疑惑を否定
中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ
JAYWALK中村“内縁”妻はタレント…衝撃の素顔

空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル-高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
<旭山動物園>名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)
敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)

霊能力者と信者を殺人と放火などで起訴、大阪地検(産経新聞)

 訪問介護を受けていた女性=当時(92)=が薬物を投与され殺害された事件で、大阪地検は17日、殺人と現住建造物等放火などの罪で、自称霊能力者で指示役の寺谷均美(53)と元介護士で実行役の田向啓子(53)の両容疑者を起訴した。

 起訴状によると、田向被告は寺谷被告の指示を受け、平成19年4月3日夜、大阪市西成区の女性宅で、女性に多量の精神安定剤を投与し衰弱させ、5月2~18日に睡眠導入剤を投与したり、インスリンを注射したりして、27日に肺炎で死亡させた。

 また、20年5月25日には同住宅に侵入し、現金4万2千円のほか、記念メダルなど約45点を盗んだ上、布団にライターで放火し、半焼させたとしている。

【関連記事】
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
有名「霊能力者」らを提訴 「悪質な霊感商法」と原告
「教祖」の女、信者に窃盗させ再逮捕
【衝撃事件の核心】放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者

「エネファーム」家庭で夢の発電 エコ+高い熱効率…低価格化に課題(産経新聞)
原口総務相、また遅刻 参院総務委員会が流会に(産経新聞)
古本転売で稼ぐ「せどらー」ネットで素人参入(読売新聞)
米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)

覚せい剤譲渡で無罪=相手の供述「信用できず」-岐阜地裁(時事通信)

 覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた岐阜市の会社員男性(47)の判決公判が16日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は無罪(求刑懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。
 田辺裁判長は、譲り受けたとされる女性の供述に関し「記憶は混乱・減退しており、信用できない」と判断。その上で、男性について「密売への関与は疑われるが、責任を負うと認めることもできない」と述べた。
 男性は、2008年4月に岐阜市の路上に止めた車内で、女性に覚せい剤0.4グラムを代金2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。男性は公判で「譲り渡していない」と無罪を主張していた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側
尿から覚せい剤成分=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁

「政界再編でなく自民再編」=民主・山岡氏(時事通信)
<訃報>小沢惇さん71歳=小沢音楽事務所会長(毎日新聞)
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県(医療介護CBニュース)
首相と補佐官、「結束」確認=政権発足半年で初会合(時事通信)
和泉の不明中2女子 東京で無事保護(産経新聞)

<盗撮容疑>スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)

 女性のスカート内を盗撮しようとしたとして神奈川県警は16日、千葉県警成田国際空港警備隊に出向中の巡査、宮脇拓也容疑者(27)を県迷惑防止条例違反(卑わい行為)容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 容疑は15日午後6時40分ごろ、横浜市栄区笠間2のゲームセンターで、女子高校生とみられる女性のスカートの下にデジタルカメラを差し入れたとしている。気付いた店員が声をかけ、逃げた宮脇容疑者を取り押さえた。

 神奈川県警によると、盗撮画像はカメラに記録されていないが、宮脇容疑者は盗撮しようとしたことは認めているという。4月に出向を終える予定で、15日は異動休暇を取り、横浜市内の実家へ帰省していた。【杉埜水脈】

    ◇

 成田国際空港警備隊の吉開和彦隊長は「隊員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾です。指導を徹底し再発防止に万全を期したい」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検
盗撮:NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」
盗撮:女性のスカートの中を 容疑の名古屋高検検事、書類送検へ

シー・シェパード船長、肉魚ペロリ…菜食のはずが(読売新聞)
東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)
<将棋>有吉九段が1000敗 史上2人目(毎日新聞)
札幌ホーム火災 未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)
<雑記帳>豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)

<「日勤教育」訴訟>JR西の上告棄却 賠償命令が確定(毎日新聞)

 JR西日本の運転士ら3人が、不当な「日勤教育」で屈辱的な扱いを受けたとして同社と当時の上司らに計660万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は11日付で原告側、JR側双方の上告を棄却する決定を出した。運転士ら2人へ計90万円を支払うようJR側に命じた2審・大阪高裁判決(09年5月)が確定した。

 原告は大阪支社森ノ宮電車区(大阪市中央区)の運転士1人と車両管理係2人。1審・大阪地裁は07年9月、車両管理係1人に対する賠償のみを認めたが、2審判決は運転士に40万円、車両管理係1人に50万円を支払うようJR側に命じた。

 2審判決によると、運転士は03年、電車が停止位置を行き過ぎた際の対応が問題になり、リポート作成などの日勤教育を73日間受けた。2審判決は「期間が長すぎる」と指摘し、車両管理係については「日勤教育は不必要だった」と判断した。【銭場裕司】

【関連ニュース】
山陽新幹線:「のぞみ」で異音 6本で最長約40分の遅れ
「のぞみ」発煙:歯車箱の破損は部品脱落が原因
のぞみトラブル:オイル漏れ感知せず
異臭:最新型「のぞみ」で 車輪の歯車箱破損 山陽新幹線
JR福知山線事故:前社長の山崎被告は欠席 公判前手続き

<朝鮮学校無償化>決断先送り 「制裁」「平等」板挟み(毎日新聞)
試験不合格の学生卒業=07年度に1人-鹿児島大歯学部(時事通信)
民主・藤田国際局長米紙に反論 「同時テロ陰謀論言っていない」(J-CASTニュース)
佐渡のトキ 擬交尾確認…高まる繁殖への期待(産経新聞)
文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)

<はしか接種>「高2無料を」海外修学旅行で必須(毎日新聞)

 若者のはしか=麻疹(ましん)=流行を防ぐため、08年度から5年間限定で実施されている中学1年と高校3年への定期予防接種について、保護者らから「高2でも受けられるようにしてほしい」との声が出ている。大半の高校は修学旅行が2年時で、行き先が海外だと半ば強制的に実費での接種を求められるからだ。厚生労働省は「前向きに検討する」としているが、法令の改正など課題も多く、実現のめどは立っていない。【清水健二】

 「十分な免疫があるか、既に2回予防接種をしていることが証明できないと(今年6月の韓国への)修学旅行に参加できなくなる恐れがあります」。岡山市の主婦(42)は1月、高1の長男が通う県立校から通知を受け取った。2月に有料の抗体検査があり、免疫が十分でなかったら、約1万円を払い予防接種を受けなければならない。中2の次男は昨年、無料で接種ができた。「高3の分を1年前倒ししてくれると助かるのに」とこぼす。

 はしかは2回の予防接種で感染の心配がなくなるとされるが、05年度まで1歳~7歳半の間で1回とされていた。07年に10~20代で大流行したため、厚労省は5年以内に18歳未満全員の免疫が付くよう予防接種法施行令を改正し、中1と高3を定期接種の対象年齢に追加した。定期接種は各市町村が原則無料で実施している。

 対象を2学年に限ったのは、ワクチンの需要を安定的にするためだったが、初年度接種率は中1が85%、高3が77%どまり。「はしか輸出国」と批判される日本では海外渡航前の予防接種が強く奨励されていることもあり、昨年の国の対策会議では、自治体担当者らが修学旅行を控える高2への定期接種拡大を求めた。独自策を取る自治体もあり、静岡市は今年度から行事予定などを理由に学校が申請すれば、対象以外の学年でも無料接種できる仕組みを導入。松山市は12年度末、高松市は今年3月末まで中2~高2の任意接種を無料化している。

 一方、国レベルでは足立信也政務官が今国会で対象年齢の弾力化に理解を示したものの、具体化はしていない。厚労省結核感染症課は「どうすれば接種率が上がるか論点整理し専門家と議論したい」としている。

【関連ニュース】
<ことば>はしかの予防接種
<からだと心相談室>はしかの予防接種について
<沖縄>はしか予防接種 高1・2年も実施へ
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を

マンション修繕で1100万円詐取 容疑の弘道会傘下組長ら逮捕(産経新聞)
診療所が11か月ぶりに減少-12月末概数(医療介護CBニュース)
<ルーズベルト大統領>手紙初公開 日露戦争の戦況分析(毎日新聞)
<阿久根市長>「マスコミ入室している」議会出席を拒否(毎日新聞)
農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明(産経新聞)

鈴木宗男氏の訪露で調整(産経新聞)

 新党大地の鈴木宗男代表が衆院外務委員長として今月20日ごろのロシア訪問に向け、調整に入ったことが4日、複数の露政界筋の話で分かった。ロシア側はプーチン首相の外交ブレーンであるコサチョフ下院国際問題委員長らとの会談を調整している。(モスクワ 遠藤良介)

学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)
無認可託児所で2時間放置、5か月女児窒息死(読売新聞)
救助隊員2人を逮捕=路上で女性の体触る-北海道警(時事通信)
<参院予算委>外国人選挙権法案優先なら連立解消へ 亀井氏(毎日新聞)

シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)

 これほど酔狂な動画を見たことがない。世界最長、全長9300キロというシベリア鉄道の車窓を、150時間にわたって流し続ける。短い解説文はロシア語で読めないし、BGMもない。カタコトカタコトという音だけが耳に響く。

 グーグルとロシア鉄道によるこの動画。企画者の顔を拝んでみたいが、同時に感謝もしたい。列車に揺られ、のんびり旅をしたいという夢は、東京の狭い地下鉄に毎日押し込められているサラリーマンなら誰もが持っている。

 さわやかに針葉樹林帯を走り抜け、脳内であのテレビ番組の曲が再生され始めた。しかし、ようやくモスクワから遠ざかり、コヴロフという聞いたこともない町で旅は中断。原稿の締め切りが来てしまった。パソコンのウインドウ(窓)とともに、車窓も閉じられる。いまだ、バイカル湖は見ていない。(猪谷千香)

                   ◇

 http://www.google.ru/transsib

【関連記事】
ネット流出これでなくなる!?交換ソフト利用者に“警告”
「差別動画の監視怠る」 Google側有罪
倖田來未、BoAらのお薦め動画を紹介 ユーチューブで新企画
ネット番組規制条約再開も 世界知的所有権機関トップが表明
雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿

吉川英治文学賞に重松清さん(産経新聞)
「不思議な話ではない」=日銀の国債引き受け-亀井金融相(時事通信)
事故男が線路に逃走 北大阪急行、5千人に影響(産経新聞)
【ゆうゆうLife】要支援→要介護 ケアマネ交代 家族もへとへと(産経新聞)
ミャンマー人男性は「難民」=不認定処分取り消し-福岡地裁(時事通信)

「谷垣降ろし」発言、舛添氏から事情聴取へ(読売新聞)

 自民党の谷川秀善参院幹事長は2日、国会内で記者会見し、舛添要一・前厚生労働相が1日の講演で、党の支持率低迷が続いた場合、谷垣総裁が交代することになるとの見通しを示したことについて「どういう趣旨で発言しているのか、いろいろ波紋があるようなのでうかがいたい。大変な問題だ」と述べ、舛添氏から近く事情を聞く考えを示した。

 大島幹事長も「(舛添氏は)そういうことを言うべきではない。谷垣総裁の下で頑張ることこそ我々のとるべき道だ」と強調した。

JR西日本を文書指導=車内白煙トラブル-国交省(時事通信)
<3閣僚遅刻>鳩山首相「緊張感足りない」(毎日新聞)
予算案、今夜衆院通過 年度内確実(産経新聞)
羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)

<インフルエンザ>受診者が5週連続で減少 定点医療機関(毎日新聞)

 厚生労働省は5日、2月22~28日にインフルエンザ定点医療機関(全国約5000カ所)を受診した患者数が1施設当たり1.36(前週1.76)で、5週連続減少したと発表した。流行開始の目安とされる「1」を18道府県で下回り、注意報レベルの「10」以上は都道府県単位でゼロ、保健所単位でも4カ所にとどまる。1週間の推計患者数は前週から2万人減の7万人だった。

 検出されるウイルスは、新型に加えB型やA香港型もわずかに混じっているが、流行のきざしはないという。

 また、新型インフルエンザワクチンについて、医療機関からの報告に基づく1月末までの接種者は約1772万人で、優先接種対象者(約5400万人)の3分の1に満たないとの推計を明らかにした。

【関連ニュース】
新型インフル:ウイルスを季節性ワクチン株に
新型インフル:ワクチンの副作用被害救済 部会が増額合意
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
新型インフルエンザ大流行に備える/1 「警報レベル」超えた

介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明(医療介護CBニュース)
参政権法案、今国会は困難=「提出するなら連立解消を」-亀井氏(時事通信)
<掘り出しニュース>第二の人生スタート祝い「かがやき熟年式」(毎日新聞)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
子供の年間衣料代 57%が3万円以下(産経新聞)

3人殺害への関与認める供述=凶器も発見-宮崎県警(時事通信)

 宮崎市花ケ島町の民家で、女性2人が遺体で発見されるなどした事件で、長男(6カ月)の遺体を資材置き場に埋めたとして死体遺棄容疑で逮捕された会社員奥本章寛容疑者(22)が、県警捜査1課などの調べに対し、長男をはじめ、妻(24)と義母(50)の殺害にも関与したことを認める供述をしていることが3日、分かった。凶器とみられるハンマー様の鈍器も、同容疑者の供述に基づき発見、押収された。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄~事件の経過を振り返る~
女性殺害、当初は「病死」=報告に疑問、司法解剖で判明
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」
妻と義母ら3人殺害か=死体遺棄容疑で夫逮捕
苫小牧市内でナイフ発見=兵庫の72歳女性強殺

<妊婦転送死訴訟>遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を(毎日新聞)
力士暴行死 「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)
<国会>24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席(毎日新聞)
真言律宗
福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)

無期懲役を求刑へ=検察側「死刑回避理由ある」-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)の裁判員裁判の第4回公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた。検察側は無期懲役を求刑する見通し。
 この日は3回目の被告人質問を実施。検察側の論告求刑、遺族の量刑意見、弁護側の最終弁論を経て結審する。午後から裁判員6人と裁判官3人が非公開で評議し、判決は3月2日の予定。
 検察当局はこれまで、複数が殺害された強盗殺人事件の判例を検討。影山被告について、死刑求刑の回避理由があると結論付けた。一方で、法定刑を下回る有期懲役に減刑する事情はないとし、無期懲役の求刑が妥当と判断したもようだ。
 公判は強盗目的で2人を殺害したかが争点。検察側は、石谷さんへの恨みに加え、石谷さんの預金を得て事務所の資金に充てた自分の借金を返済する目的があったと主張した。
 影山被告は「2人への不信から追い詰められ、逃れたい一心でやった」と述べ、預金引き出しは殺害後に考えたとした。 

「改めて責任感じる」=長崎知事当選の中村氏、一夜明け(時事通信)
「金」チヂミ大盛況!コリアタウン新大久保は、もう前祝い(スポーツ報知)
郵政民営化の危機=自民・中川氏(時事通信)
【私も言いたい】テーマ「国母選手の“腰パン”問題」 「不快に感じる」が8割(産経新聞)
<総武線>1時間超運転見合わせ 総合指令室モニター誤表示(毎日新聞)

若菜瀬奈

若菜 瀬奈(わかな せな、1978年3月14日 - )は、日本の元AV女優。1990年代に活動していた。略歴1997年5月に『一途な恋』でAVデビュー。クールフェイスに猫のような魅惑的な目、褐色の肌、適度な大きさの乳房、縦長の薄い陰毛――と、エロティックなボディを持ち、AVではハードファックをこなし人気が出る。出演期間は2年余りと比較的短かったが、1990年代後半を代表するトップAVアイドルの一人だった。引退作と銘打った『ファイナル・ハードコア』(1999年8月)以降、AVと言える作品には出演していない。引退と前後して、アダルト専門チャンネル「チェリーボム」開設一周年記念企画で、本城小百合、桜井風花、桜真琴とユニット・「チェリーボンバーズ」を結成し、CDや写真集を制作している。1999年6月には、プロレス団体「FMW」の女子マネージャーに就任。同年10月29日には一度だけレスラーとして、チョコボール向井、フライングキッド市原らとタッグを組み、試合に臨んでいるが、敗戦。2000年3月には同マットとの決別を宣言している。その後はセクシータレント、SENAとして短期間活動したあと、消息が途絶える。タレントとしてテレビのレポーター、ドラマなどで活動している清水美雪が若菜瀬奈だという説もある。1999年2月には、雑誌『フライデー』でユースケ・サンタマリアとの交際疑惑が報じられた(双方とも会見で否定)。作品アダルトビデオ(撮りおろし作品のみ)1997年一途な恋(1997年5月30日、アリスJAPAN)突きに願いを…(1997年6月20日、アリスJAPAN)パンスト天使(1997年7月11日、アリスJAPAN)新・妹の下着 9(1997年8月30日、VINL)変貌 3(1997年9月27日、VINL)放課後泥棒(1997年10月24日、VINL)女尻(1997年11月21日、VINL)激唇(1997年12月15日、アトラス)1998年NEO出血大制服 38(1998年1月25日、アトラス)H秘書はナマがお好き Part22(1998年2月25日、シェール)巨乳女子校生 こちらSEX捜査本部(1998年3月27日、エイトマン) - 共演:七瀬あゆみ、有賀美穂、小沢まどか 他undress 3(1998年4月25日、シェール)はみだし女教師 デカ乳系(1998年4月27日、エイトマン

小沢氏、資産報告書に貸付金4億円の記載なし(読売新聞)
<名古屋地域委>選挙開始、住民自治の試金石(毎日新聞)
川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
志賀原発2号機が営業運転再開=北陸電(時事通信)
【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。